2010年10月31日日曜日

TLR250R用後輪の取り付け確認

加工したスイングアームを取付け、チェーンラインその他の確認をしましてん。

(ショックが逆さまなのは、ご愛嬌と言う事で許してね。うふっ)

20101031001.jpg

スプロケット側に3㎜厚のワッシャー2枚追加で、チェーンラインは大丈夫でした。

気になるセンターは?

20101031002.jpg

リム組みの時は、スイングアームの前側センターに合わせて、スポークの本締めをしたんですが・・・

右に片寄って見えます。

20101031003.jpg

TLR250用は、リムからスイングアームまで3.9㎝。

20101031004.jpg

TLR200用も3.9㎝だと思ったんですが、画像で見ると違ってますね~
タイヤが邪魔で、同じ位置に定規が置けなかった&撮影が出来なかったので、最終組み立ての時に再度測定しなおしましょう。

で、小さな問題が二つ。

20101031005.jpg

名称不明のこのリング(ナットとサークリップ部分のガード?)が・・・

20101031006.jpg

TLR250用は大きくて・・・

20101031007.jpg

スイングアームに溶接された、名称不明の突起に当たります。

と・・・

20101031008.jpg

チェーンアジャスターが小さいので、チェーンを引っ張りきれない時が有るかもです。

てな事でした。
ので、後は塗装です。天気の良い日を見計らって塗りましょう。
ほなね~



2010年10月30日土曜日

TLR200 げっ!ブレーキパネルのチョボが・・・

ブレーキカムが固着してたのさ。
で、モンキーで挟んでコンコンとプラハンで叩いたのさ。
少し動いたのでひっくり返したのさ。

20101030001.jpg

んげっ!
折れてるし!チョボが折れてるし!何の為に有るのか分からないけど、チョボが折れてるし──っ!

20101030002.jpg

TLR200用のブレーキパネルにはチョボが無いので、絶対に必要と言う訳でも無い?のかも知れないけれど・・・
じゃ、何故チョボが有るんだ?と気になるし・・・

てか、薄日が差してきました。
じゃ。



2010年10月27日水曜日

TLR200 スイングアーム加工 その2

延べ何時間かかった事か・・・結局、ナット止めですねん。

20101027001.jpg

安物の技術と安物のタップでは、ネジが切れませんでした。どうせオレなんて・・・

で、なぜM8にしたいのかと言いますと・・・(今頃かよ!)

20101027002.jpg

ブレーキパネルの、回り止めの溝幅が違いますねん。左がTLR250用で溝幅14㎜、右がTLR200用で溝幅12㎜と、2㎜も違います。
さらに・・・

20101027003.jpg

回り止めの高さが足りませんねん。
てな事で・・・

20101027004.jpg

M6では強度的に不安が有るので、強度を確保出来そうなM8ボルト、スプロケット用のボルトを取り付けたかった訳です。

20101027005.jpg

前々回の仮付けでは、3㎜のワッシャーを1枚追加すれば大丈夫だと思ったんですが、もう1枚3㎜のワッシャーを追加しました。
しかしこれは臨時で、チェーンラインによっては右側にワッシャーを入れるかも知れません。

20101027006.jpg

回り止めとブレーキパネル部分です。この様に隙間が出来る分、回り止めを高くしなければならなかったんですね~

20101027007.jpg

工具箱に転がってた車種不明のアクスルシャフトですが、残念ながら5㎜ほど長が過ぎました。
出っ張った部分を切り取ろうか?首下220mmのシャフトを手に入れようか?思案中です。

20101027008.jpg

土日の天気次第ですが、やっと完成が見えてきました。

ほな────っ!



2010年10月16日土曜日

TLR200 スイングアーム加工

アクスルシャフトの穴加工がなんとか出来ました。

20101016001.jpg

電動ドリルで削ろうと思ってたんですが、音が気になって結局何時もどおり丸棒ヤスリで手削りです。

で次に、ブレーキパネルの回り止め突起を大きくしようと、ドリルで穴を広げだしたのですが・・・
(M6のネジは通せるのですが、力のかかる場所ですので最低でもM8位にしないと不安で・・・)

20101016002.jpg

しかーし!
キリがまったく切れない!

20101016003.jpg

砥いでは試し・・・砥いでは試し・・・砥いでは・・・
ほぼ半日砥いでいたような・・・

どうせ・・・オレなんて・・・

んで、力いっぱい押し回して痕跡を確認したら、刃先が潰れて白く光ってる・・・

硬い!ホンダの鉄は硬い!セット物の安物キリが負けている!みたいな~

20101016004.jpg

苦節数時間!ドリルを諦めてまたまた丸棒ヤスリですねん。
しかし、このヤスリも滑って切れませんでした。泣きそうです。M8ネジの下穴を開けるだけなのに、何時間かかってるねーん!

さらに苦節数時間!切れないヤスリで何とか7.5ミリまで広げ、M8のタップを突っ込んでみたのですが・・・
硬い!ホンダの鉄は硬い!どうしてもタップが食いつきません。泣きそうです。ネジを切るだけなんですが・・・

で、このままネジが切れないようで有れば、8ミリまで穴を拡大してナット止めと言う事になりますな~

てな事で、作業時間30分の予定だったのですが、まだまだかかりそうですねん。
どうしてくれる。