2007年12月29日土曜日

TLR200 エアーアジャスター

パイオリだマルゾッキだと、サスが進化して最近すっかり見かけなくなりましたねぇ。

2007_1230buratto-club0010.jpg

放置することも多く、メンテナンス不足のTLR200。
最近負圧になって前が下がってきたようなので、エアーを入れようとTLM220、TLM80で使ってたエアーアジャスターを引っ張り出しました。やっぱり便利ですからね。
で、付けようとバルブキャップを外した所、信じられない事をして有りました。

2007_1230buratto-club0012.jpg

コーキング剤が詰め込んで有ったのです。
ただで貰ったバイクなので文句も言えませんが、こうなると素人整備と笑えません。腹がたちます。何のためにエアーバルブが付いてるのか考えなかったのでしょうか・・・ほんっとに、もう!

2007_1230buratto-club0014.jpg

怒ってても問題は解決しませんので、畳み用の針で穿り出して何とか付けました。
後はフロントフォークを伸ばした状態でプッシュ。これで大丈夫。

ついでに、負圧時と大気圧時の違いが判るように、針金の入ったビニールを目印にして撮影してみました。
目印は自由に動きます。同じ力でストロークさせると・・・

2007_1230buratto-club0023.jpg

大気圧状態でサスが入り込んだ位置。

2007_1230buratto-club0024.jpg

負圧状態で入り込んだ位置。深く突っ込んでます。ジャックナイフはし易いでしょうが、下りは怖いでしょうね。
フロントフォークは、ストロークする度にシールとインナーパイプの間から空気が出入りしてます。当然、圧力が上がるとサスの動きが悪くなり、負圧になるとフロントが下がりブレーキングでも突っ込み易くなります。
ですので、時々フロントフォークを伸ばした状態で、大気圧に戻さなければなりません。
5秒も有れば大気圧に戻せる便利なパーツなのに、何故見かけなくなったんでしょうかねぇ?