2010年9月11日土曜日

TL125 ペガサス

私がバイクに興味を持ち始めた頃です。京都市勧業館でバイクの展示会が有り、車輪の大きな妙なバイクを展示してました。その自転車のようなバイクが、TL125バイアルスの復刻版TL125イーハトーブでした。
その頃は免許も無く中古のヤマハTY50に乗り始めたのですが、ホンダから新しいモデルが出ると言う噂が有り、注目していたのがTL125/TLR200です。
免許が無くて結局購入しなかったのですが、同級生のA君がTLR200を購入し、私もちょっとだけ山で乗らせて貰いました。
スリムでパワフルどこでも行けそう、でも凄い振動だな~と言う印象でした。(乗ってたのがTY50かカワサキのAE50でしたので・・・)

で、本題の「ペガサス」ですが、その頃から最近まで「ペガサス」と言う愛称を聞いた事が有りません。私は青いTL125または初期のTL125と言ってました。
しかし、ここ数年?ネット上で「TL125 JD06 ペガサス」と「ペガサス」の愛称を目にするようになりました。

20100911001.jpg

TL125D 1983年4月21日発売  JD06-1000016~1004963

当時の広告や記事で「ペガサス」の愛称をみた記憶は無いのですが、私が知らないだけで、バイアルスやイーハトーブのようにホンダが愛称を付けていたのでしょうか?

20100911002.jpg

ストレートオン2006年9月号

20100911003.jpg

42ページ「トライアルマシン解体新書」著者:五十嵐 良宏氏(以下原文のまま)

20100911004.jpg

「TL」+「R」という車名

バイアルスTL125以来、連綿と使われてきたTLという記号はホンダのトライアルマシンとしての血統を表す。一方、バイアルスやイーハトーブといった親しみやすい愛称も同時に使われてきた。

今回はどうするか。すぐに思い浮かぶTL200Rという名称は既に使われていた(注21)。
レーサーをイメージさせるモデルはアルファベットを使う例が多く、その方が売れると営業は主張している。研究所からは新たな愛称を付けるという案も示した(注22)
最終的には営業の意向を受け、愛称は付けずにアルファベットの車名を採用することになる。この頃からアルファベットを3文字つなげた車名もつかわれるようになっていた(注23)
本格的なトライアルマシンであるから、レーシングバージョンという意味を込めたRをTLの後につなげる。こうしてTLRという名称が決定した(注24)
このTLR200という車名が公になるのは、発売直前に正式発表された時点である。

125ccクラスの弟分は従来通りのTL125という名称を引き継ぎ、愛称は省かれた。TLR125とはしなかった。本格的トライアルマシンである200に対して125はトレッキングバイクである。そのコンセプトの違いを名前の上でも表現したかったからだ。


と言う事なんですが・・・
誰が何時「ペガサス」と言い出したのか?本当に「ペガサス」と言う愛称は存在するのか?しないのか?
現在「ホンダお客様相談室」に相談してます。

回答が届き次第追記しますので、暫しお待ちください。


<9月14日 追記>
「ペガサス」は存在しません!
詳しくは「TL125 ペガサス ホンダからの回答」をご覧下さい。