2009年8月31日月曜日

TLR200 サイドカバーを・・・

前ブログで、ポッチを瞬間で接着したんですが、非難ごうごう?でした。
で、皆さんが仰るようにハンダ鏝で溶かしてくっつける事に・・・

掃除をして準備完了です。

2009_0828buratto-club0009.jpg

使ったのは60Wの鏝です。
実は、むか~しむかし、同じ方法でプラスチック部品を修理した経験があります。
その時は何度試しても、少し力を入れると外れてしまったので、この方法は駄目なのだと諦めていました。
しかし、今回皆さんが同じ方法で修理をしていると知り、再チャレンジしている次第です。

2009_0828buratto-club0013.jpg

以前失敗したのは溶け方が足りなかったんだろうと、長めに鏝を当てました。

2009_0828buratto-club0018.jpg

結構くっ付いたようです。
で、車体に何度か付け外しをしてみた所・・・

2009_0830buratto-club0010.jpg

あら、まぁ。ポロッと・・・15年前?と、同じです。

自分で言うのもなんですが・・・
ハンダは結構得意です!アルミ溶接だって出来ます!でもっ!でもねっ!プラスチックの溶着は苦手なんですーっ!うだ、うだ、うだ、うだ。

と、ひとしきりうだうだ言ってから再度溶着。

2009_0830buratto-club0012.jpg

えいっ!えいっ!えいっ!もっと奥まで溶かすもんね。

2009_0830buratto-club0014.jpg

これで外れたら、センスが無い!うちわも無い!と言うことでしょう。
どうせ、俺なんて・・・いじいじ、いじいじ・・・