2009年8月30日日曜日

TLR200 インナーキット交換

フルードが何処から漏れているのかも特定できず、悩ましいマスターシリンダーです。
インナーキットを用意した状態で、今使っているピストン部分をもう少し弄ろうと思っていたのですが、結局新品のインナーキットを組み込みました。

2009_0830buratto-club0007.jpg

結果は・・・
新品純正部品ですので当たり前なんですが、素晴らしい!の、ひと言です。
以前はエアー抜きをしてもスポンジーさが残っていたんですが、タッチがカッチリとしてニッシンのようです。やっぱり普通に修理するのが一番ですねー
\(^_^)/kuroyamaworkstoonazitouchda~ehe!

しかーし!小関峠までテスト走行をしたらフルードが漏れていました。蓋の所から?ダイヤフラムが傷んでいるのか・・・?