2009年3月16日月曜日

TLR200 ボルト&スイッチ

今日はどうしても山を越えて河原町方面に行かなくてはならなかったので、ついでにネジ屋さんとマルツに寄ってきました。

2009_0316buratto-club0003.jpg

山科区と大津市のホームセンターには無かった、M8L55㎜のステンレスソケットボルトです。
5本で420円でした。
(一般に販売されているステンレスボルトは強度不足で、力の掛かる部分には使えません。メーカー純正のハイテンボルトを使用して下さい)

2009_0316buratto-club0012.jpg

早速取り替えました。(キャリパー側の上のボルトが55mmです)
と、もう一つ。

2009_0316buratto-club0008.jpg

ブレーキ用にオムロンのマイクロスイッチが欲しくて、寺町のマルツへ行ってきました。
マイクロスイッチを見ていると、押してOFFと言う、ブレーキにピッタリのスイッチが有ったのでこちらを買ってきたのですが、有ろうことかネジサイズがM7でした。
こんな特殊サイズのタップは、おいそれとは手に入りません。
有ったとしても、AJPのブレーキスイッチより高いでしょうねぇ?
どうしたものか・・・

<3月17日:追記>
ヤマドリさんからのコメントで、ホームセンター等で手に入るステンレスボルトでは強度不足では無いかとの指摘を受けました。
まさにその通りで反論のしようが有りません。
以前アンダーブラケットのボルトをステンレスに交換した、'98テクノのボルトが折れたのを実際に確認し、強度不足を認識しているにも関わらず、さも使えるが如くブログに書き込んでしまいました。
ホームセンターなどで一般的に売られているステンレスボルトは、7T程度の強度ですので、力の掛かるフロントフォークやブレーキ部分には使えません。バイクメーカーのハイテンボルトを使用して下さい。
申し訳有りませんでした。お詫びして訂正いたします。