2008年10月12日日曜日

TLR200 続 ミクニVM22

TLR200に、ミクニのVM22を付けてみました。
マニホールド側のネジピッチはケイヒンPW22と同じで問題無いんですが、VM22は吸気側の径が2~3mm大きく、キャブの長さも約1cm長くて取り付けはちょっと大変でした。コネクティングチューブを力いっぱい押しながら、何とかネジ止め完了。

2008_1011buratto-club0003.jpg

付けてしまえば違和感はありませね。

2008_1011buratto-club0006.jpg

ガソリンホースの取り付けが真上方向なので、取り回しに無理が出ます。恒久的にこのキャブを使うので有れば、ホースの取りまわしを考えなければなりません。

2008_1011buratto-club0009.jpg

購入したままの、M.J.95番、S.J.15番、クリップ位置は上から4段目、エアースクリュー開度1回転と4分の1で少しだけ走ってみました。
スタートした時点でトルクアップを感じるんですが、これはセッティングが濃いからでクリップ位置の変更が必要です。エアースクリューはマニホールド側の下側に有って調整しづらい位置ですが、ノーセッティングでアイドリングはしてました。高回転は何とか回ってる印象ですが、少し薄くした方が良いように思います。
1~2分走った感じでは、クリップ位置を上から2段目か3段目にすればそれなりのセッティングになりそうな感じでした。
しかし、ケイヒンPW22が調子良いので、細かいセッティングをする熱意が出ません。
さらに!キックが割れてしまい、それどころではなくなってしまいましたーっ!
今日、家の前で押しがけしてて、真横に引っくり返りましたーっ!有り得ねーっ!情けねーっ!もう知らねーっ!
そんなこんなでっ、なにとぞ良しなにーっ!