2008年5月8日木曜日

TLR200 イグニッションコイルと燃費

昨年の12月17日から使ってた、HRCのレーサー用コイルです。

2007_1217buratto-club0005.jpg

かなり火花が強くなるコイルで、110番(スタンダードは98番)までメインジェットを上げたのですが、つられてニードルピンの範囲が濃くなり、ニードルピンをサンポールでメッキして使ってました。
その後のレポートです。

メッキして中低速は調子良くなったのですが、今度は上が薄くなり、真冬は115番でも高回転がぐずるようになりました。春になり、気温が25度近くになると何とか回りだしましたが、メッキしたピンでは、おそらく120番前後がベストセッティングのようです。
CDなにすんねん90でも20番アップでしたので、同じような結果です。
これを読んでる方は「そんな馬鹿な、コイルだけでそんなに変わるものかっ!」と思われてるでしょうが、本当です。
しかし、20番アップと言えばかなりのものです。115番でも当然燃費に影響します。最悪リッター24.6km(この時はシールからちょっと漏れてたようです)、最高でギリギリ32kmでした。

2008_0504buratto-club0011.jpg

それでも、118番から122番のテストをしたかったのですが、どうしたものか手持ちが有りません。115番~128番はTLM200/220で使う番手なので、絶対持って無くてはおかしいんですが・・・?
で、このままではベストセッティングに出来ないと言う事で、アーシングを新調した時にスタンダードコイルに戻しました。当然キャブセッティングもスタンダードです。
次の日に100Km余りのツーリングをし、本日195kmで値上がり後初めての給油。燃費はリッター35.8kmでした。
火花強化で、パワーアップと燃費向上を狙ってのテストでしたが、火花が強くなり過ぎるのも考え物なんですねぇ。

ガソリン高の時代ですので、少しでも燃費の良いコイルを使いましょう。