2008年3月1日土曜日

TLR200 SUPER ZOIL

私は、これまでガソリンやオイルの添加剤には、あまり興味が有りませんでした。
リング音やパワーダウンなど、気になる事が有れば分解&部品交換をするのが当たり前だと思ってたからです。(TLM200/220の2st.は、問題が無くても最低年に1回や2回は、ピストン回りの交換や掃除の為に開けてました)
それが当たり前だと思ってましたし、整備せずに乗りつづける人を不思議に思ってたものです。
クラッチが重くならないのだろうか?アクセルは重くならないのだろうか?ブレーキシューは交換してるのだろうか?タペット音が町内に響き渡ってても気にならないのだろうか?不思議でした。
しかし、トライアルの練習もせず試合にも出なくなると、どんどん整備が疎かになりバイク弄りが億劫になってきました。年齢的なものや環境も有るのかもしれませんが・・・

ぐあ、億劫でもTLRのガチガチガチというタペット音は気になります。3~4回調整してみました。音が消えません。0.03mm位まで詰めてる状態だと思うんですが、消えません。
CB50系もカブ系も0.05mmで静かになったんですが、このエンジンは温まるとガチガチと騒々しくなります。
ロッカーアーム?カムシャフト?偏磨耗?以前は、ヘッドを分解して確認しましょう。となったのですが・・・
きっぱり、やっぱり、さっぱり、やる気が出ません。そんな時!亡くなったバイク屋さんの声が・・・
「ZOILはええでぇ。使こてみぃ」

2008_0227buratto-club0003.jpg

TLRのオイル全量が1.1リットル。ZOILの適量が8%~10%と言う事で、100ミリリットルのこのボトルでぴったり。でも~、送料と合わせて3千円ほどします。もう少し何とかならんものかのー。

2008_0227buratto-club0002.jpg

入れたのは先週の日曜日。注入後10分ほどアイドリングしました。
カムチェーンの音は静かになったのですが、気になってたのはタペット音。少し静かになったようですが、思ってたほど消えません。やっぱり駄目か?

2日目も同じ感じ。

3日目に交差点でアイドリングの静かさに気付く。そう言えばチェンジもスムーズ。

4日目、ネジ屋さんに行くため五条坂を往復。なんだかタペット音が静かになってきました。この時点でほぼ30kmほど走行。タペット音はしてますが、ガチガチでは無くチキチキと気にならない程度。

「ZOILはええでぇ。使こてみぃ」の言葉に、嘘は無かったようです。
ZOILは効きます。ですが、偏磨耗などのメカ部分を修理した訳では有りませんので、やはり音は残ります。しかし、くたびれたエンジンの復活や延命には、とても良い添加剤だと思います。
本当は新車に入れるべきでしょうね。新車だとあまり効果は感じられ無いでしょうが・・・