2007年12月29日土曜日

TLR200 エアーアジャスター

パイオリだマルゾッキだと、サスが進化して最近すっかり見かけなくなりましたねぇ。

2007_1230buratto-club0010.jpg

放置することも多く、メンテナンス不足のTLR200。
最近負圧になって前が下がってきたようなので、エアーを入れようとTLM220、TLM80で使ってたエアーアジャスターを引っ張り出しました。やっぱり便利ですからね。
で、付けようとバルブキャップを外した所、信じられない事をして有りました。

2007_1230buratto-club0012.jpg

コーキング剤が詰め込んで有ったのです。
ただで貰ったバイクなので文句も言えませんが、こうなると素人整備と笑えません。腹がたちます。何のためにエアーバルブが付いてるのか考えなかったのでしょうか・・・ほんっとに、もう!

2007_1230buratto-club0014.jpg

怒ってても問題は解決しませんので、畳み用の針で穿り出して何とか付けました。
後はフロントフォークを伸ばした状態でプッシュ。これで大丈夫。

ついでに、負圧時と大気圧時の違いが判るように、針金の入ったビニールを目印にして撮影してみました。
目印は自由に動きます。同じ力でストロークさせると・・・

2007_1230buratto-club0023.jpg

大気圧状態でサスが入り込んだ位置。

2007_1230buratto-club0024.jpg

負圧状態で入り込んだ位置。深く突っ込んでます。ジャックナイフはし易いでしょうが、下りは怖いでしょうね。
フロントフォークは、ストロークする度にシールとインナーパイプの間から空気が出入りしてます。当然、圧力が上がるとサスの動きが悪くなり、負圧になるとフロントが下がりブレーキングでも突っ込み易くなります。
ですので、時々フロントフォークを伸ばした状態で、大気圧に戻さなければなりません。
5秒も有れば大気圧に戻せる便利なパーツなのに、何故見かけなくなったんでしょうかねぇ?


2007年12月16日日曜日

TLR200 イグニッションコイル

TLR200のイグニッションコイルを交換しました。

2007_1217buratto-club0014.jpg

燃費アーップ!スーパーダイナマイトなイグ二ッションコイルどえす。

2007_1217buratto-club0005.jpg

CDなにすんねん90でも使ってる、ここではお馴染?のコイルです。
火花が強くなりますので、CDではいきなりメインジェットを濃くしなければなりませんでしたが、はたしてTLRでは・・・
取り付けたのは良いんですが、テストに出掛けようとした途端の雨。結果は次回と言う事で、何卒良しなに。

<12月21日追記>
加速時に僅かですが力強くなったような気がします。あくまで僅かです。しかーし!スピードが出なくなりました。80kmを過ぎると苦しくなり、90km位しか出ないようです。(車が詰まってそれ以上のテストが出来ませんでした)
CDと同じく、メインジェットの交換をしなければならないようです・・・んんん。

<12月24日追記>
M.J.の変更をしました。
スタンダード:M.J.♯98、クリップ位置上から2段目、エアスクリュー開度1回転2分の1。
変更後:M.J.♯105、クリップ位置最上段、エアースクリュー開度1回転5分の3。
なかなか好調です。次回は♯110をテスト予定。

<12月30日追記>
♯110に変更してみました。回転がちょっと重くなり濃い感じでしたので、吸気量を増やす為にエアークリーナーケースのインレットキャップを取り外してテスト中です。
いい感じと言えばいい感じなんですが、まだ濃い目ですね。キャップ無しの♯105か108が正解かも知れません。もう少し♯110で走って様子を見ます。

<2008年1月6日追記>
100Kmまでは出せたのですが、なかなか全開に出来ず高速域のテストが終わってません。
が、プラグの焼け色は濃い状態でしたので、低中速域の濃さを少しでも解消すべく♯105キャップ無しにしてみました。(♯108を持って無いので・・・)クリップ位置は変わらず最上段。エアースクリュー開度1回転2分の1です。今までで1番調子の良い状態ですが、アイドリングへの回転の落ちとプラグの焼け色が気に食わない。♯38のP.J.は持って無いので、またまたピンをいじくりますかぁ?(いつものパターン?)悩むなー。

2007年12月15日土曜日

TLR200 LEDテール

TLR200のテールをLEDにしました。

2007_1216buratto-club0014.jpg

LEDはテール11個、ブレーキ20個の計31個。残り物と拾い物(バイク屋さんに捨ててあった、スクーターの部品をバラしました)を掻き集めたものです。
製作はいたって簡単。LEDを直列に並べて電圧を合わせるだけです。12Vで使用しますので、LEDが1個2Vであれば2+2+2+2=8V、残りの4V分を抵抗で消費すれば良いだけです。
V=IRで、LEDの定格20mAを代入して計算すると、LED4個に200Ωの抵抗を入れればバランスする事になります。
がっ!「オームの法則なんて、でぇ嫌れぇだっ!」と言う、江戸っ子や私の為に?こんな部品が用意されてます。

2007_1216buratto-club0033.jpg

定電流ダイオード(CRD)です。名前の通り一定の電流を流すダイオードです。
CRD自体の消費電力が4~5V(だったと思う)必要ですので、CRD1個でLED1個~4個を点灯させる事が出来ます。

2007_1216buratto-club0027.jpg

今回、充電器の電圧で4個接続してみたところ、4個目が点灯したりしなかったりでしたので、バッテリーレスTLR200の電圧変動を考え、CRD1個にLED3個までとしました。
3個を5組。2個を2組のLED19個。
残りはスクーターの部品をそのまま流用しました。ご丁寧に整流ダイオードが1個入ってて、抵抗1個にLED4個になってます。それを3組でLED14個です。
で、テールはこんな感じ。

2007_1216buratto-club0018.jpg

テール用11個のうち、2個はナンバー照明の為に下に向けましたので、実質9個の明るさです。
さらに、ブレーキを点灯させると・・・

2007_1216buratto-club0024.jpg

画像では明るく見えますが、電球のテールより少し明るい程度かも知れません。やはり、ちょっと古めの高輝度LEDではこんな所でしょうか?
最新の超高輝度LEDだったら、申し分のない明るさになったのかも知れませんね。

<12月21日追記>
LEDはやっぱり素晴らしい。
ご存知のように私のTLR200は12Vバッテリーレスなんですが、信号待ちのアイドリング時に、ヘッドライト、ブレーキランプ、ウィンカーと全てのランプを点灯させると、交互点滅と言えどもウインカーの点滅が苦しく、少し回転を上げなければなりませんでした。
しかし、テールのLED化により消費電力が激減。力強く点滅してます。
TLRはブレーキランプのみならず、テールランプまでウインカーと同じ充電系の電気ですので、(合わせて23W)特に効果が大きかったのでしょう。

2007年11月24日土曜日

TLR200 再度100Wに

100Wバルブに戻して2週間通勤に使ってみたんですが・・・どうしても納得出来ない。
ひょっとすると、電圧が低いのかも知れない?

2007_1125buratto-club0002.jpg

以前、XR250のレギュレーターを諦め、交換しようと手に入れてたTLM200/220用のレギュレーターです。マニュアルでの制御電圧は12.5~13.5V。
交換に先立って、XR250用レギュレーターの電圧を計ったところ、最大で11Vしか有りませんでした。(やっぱり!)
で、交換したTLM200/220用は最大で14Vまで上がり絶好調!3Vも違います。と言う事は、今まで10W~15W分の電力を損してた事になりますね~。暗く感じる筈だ。
何時もの小関峠へGO!

2007_1125buratto-club0007.jpg

(何時もと同じくF2.8/シャッタースピード1秒です)
Loです。目視では少し明るくなった程度にしか感じませんでしたが、以前の画像と比べると違いは歴然。

2007_1125buratto-club0008.jpg

Hiです。こちらも以前とは違います。
一応(あくまでも一応)納得できる明るさになりました。ここらで良しとしましょう。

2007年11月4日日曜日

TLR200 45/45Wバルブテスト

土曜日のテストで電力不足なんじゃないかと心配になり、12V45/45Wバルブを手に入れました。

2007_1105buratto-club0002.jpg

通常HS1とH4バルブに互換性は無いのですが、これは㈱M&Hマツシマのオリジナルバルブのようで、HS1/H4共用になってます。
45/45Wの他35/35Wも有ります。モンキー等のカスタムに使えるかも知れません。
購入したのは、いつものツボイ(西大路松原下がる)です。本当にバルブの品揃えには感心します。今回も、こんなマニアックなバルブは無いだろうと思いつつ出掛けたのですが、置いてるんですねー、ツボイは。
で、土曜日に引き続き小関峠での撮影です。(近場で街灯の無い所と言ったら、此処しか思いつかないので・・・)

2007_1105buratto-club0007.jpg

45WのLoです。(F2.8 シャッタースピード1秒)

2007_1105buratto-club0008.jpg

45WのHiです。
画像では前回の55/60Wスタンダードバルブより明るく見えますが、実際はやはり55Wの方が明るく感じます。
と言う事で、私のTLRはクランプメーターとデジタルテスターの値通り、ギリギリとは言えども55W分の電力を発電してるようです。
これで安心して、消費電力55Wで明るいバルブが捜せます。
って、まーた無駄遣いするのかぁ?あー、嫌だ、嫌だ。

日の暮れた峠で、こんな事をしてたらパトカーが・・・通りがかった誰かが通報したようです。
あー、嫌だ、嫌だ。嫌なご時世だなー。

2007年11月3日土曜日

TLR200 100Wは失敗かぁ?

100Wにしてから乗ってなかったTLR200、先週から通勤で使ってます。
しかし、思ってたよりヘッドライトが暗い。とても100Wとは思えません。電圧×電流からすると、55Wのフィラメントがしっかり燃えてる筈なんですが・・・
ようし!こうなったら、もっと明るいバルブを入れてやるーっ!

2007_1104buratto-club0003.jpg

5500K、130/120W H.I.D.を凌ぐ輝きと青白さ!だそうです。そそられますねぇ。
で、比較してみました。
撮影は、全てF2.8/シャッター速度1秒です。

テストしたバルブは4輪用で、DC12Vと明記されてます。私のTLR200は交流ですので、バルブ本来の性能は出てません。あくまでも私のTLR200との相性テストです。

2007_1104buratto-club0012.jpg

スタンダード(NSR250の中古ヘッドライトユニットに入ってた)バルブのLo。

2007_1104buratto-club0013.jpg

スタンダードバルブのHi。

2007_1104buratto-club0014.jpg

明るさ感100WのLo

2007_1104buratto-club0015.jpg

明るさ感110WのHi。

2007_1104buratto-club0017.jpg

明るさ感120WのLo。

2007_1104buratto-club0020.jpg

明るさ感130WのHi。

どう言う事ぉ、どんどん暗くなってますがぁ~?

2007_1104buratto-club0007.jpg

左が100/110W、3800K。透明なのがスタンダードバルブ。右の2本が120/130W、5500K。
K(ケルビン数)が上がるほど青色が濃くなってますが、調べてみるとこれが問題だそうです。
青い光にすると明るく感じるんだそうですが、実際は暗くなってるようです。青いフィルターを1枚通した光ですからね。
好みがありますが、透明で明るさ感をアップしたバルブが一番のようです。
また、H4バルブは照射角が広くスポット部分が無いので余計に暗く感じるのかも知れません。
さらに、Loの場合上側の光がカットされてるようで、コーナーでバイクを倒した場合コーナーの先が見えません。Hiでは普通に見えます。
最近H4バルブのバイクが増えてますが、レンズカットなどで対策されてるんでしょうか?気になるところです・・・・

今回のテストでは、電力が少し足りないように感じました。55/60Wは無理なのかも知れません。
H4と互換性の有るバルブでHS1(45/45W)と言うバルブが有るようです。一般的なバルブでは有りませんが、何とか手に入れテストしなければなりませんねぇ。

2007年3月10日土曜日

TLR200 失敗そして完成

XR250用AC.レギュレーターでは電圧が上がらず、TLM200のAC.レギュレーターを手に入れましたっ!

2007_0310burattoclub0024.jpg

出ている線は発電機へと繋がる白と黄色、それに電圧制御された白二黄とアースの緑です。ホンダでは全く普通の、全波型AC.レギュレーターです。
早速交換しようと、XR250用のAC.レギュレーターを外したところ・・・

2007_0310burattoclub0008.jpg

稚拙な、本当にお馬鹿な、情けないミスをしてました。
このレギュレーターを手に入れたのは随分前のことで、詳細は覚えてませんが延長加工をしてありました。その時に桃色が手に入らず、白線に赤チューブを目印にしたようです。
そんな事はすっかり忘れ、白線2本を発電機へ繋がる線だと思い込み、残った黄色を電圧制御された線だと勘違いする二重のミス。そのまま接続してました。ムチャクチャです。
本来の配線色は、発電機へと繋がる桃色と黄色、電圧制御された白二黄とアースの緑。
AC.レギュレーターなのに発電機への線は、全波整流用レギュレートレクチファイヤーの配線色になってます。元々バッテリー搭載用の発電機だったのを、そのまま交流で使用するために発電機からの色と合わせたものでしょうね。TLM200の配線色がホンダのスタンダードです。
で、正しく接続したところ・・・

2007_0310burattoclub0014.jpg

正しく、電圧が上がってます。オームの法則によると正しく55Wが燃えてます。正しく100Wが燃えてます。バンザーイ!バンザーイ!マンモス嬉ぴー(はいはい、分りました)
これで世界一ヘッドライトの明るいトライアルバイクの完成ですねん。バンザ・・・もういいか。

しかーし、また使わない部品が増えてしまったのでしたーっ。
TLM50の12V化のところでも書いてますが、配線色は純正に合わせましょう。その時は覚えてるつもりでも、こんなにお粗末な間違いが起こります。

3月12日追記
充電系とヘッドライトは別系統でアースしか繋がってないんですが、(ヘッドライトに電力を集中する為、TL125/TLR200特有の青二白線は接続してません。したがって余った電力がウィンカーへ回る事は有りません)ヘッドライトに電気が取られるようになりました。
交互点滅にして、低電力でも点滅するようにしてるんですが、アイドリング時の低電力では点滅しません。ヘッドライトを消すと点滅します。
やっぱり、電気って不思議だ・・・?

2007年3月4日日曜日

TLR200 予定変更

電圧の上がらないXR250用AC.レギュレーターを、CRM50/80用の全波整流レギュレートレクチファイヤーに交換するつもりだったんですが、ちょっと予定変更です。
オークションで、TLM200のAC.レギュレーターを500円で落札出来ました。

20070304.jpg

今使ってるXR250用と同じ全波タイプのAC.レギュレーターで、配線色も白二黄、白、黄、緑と全く同じです。マニュアルによると、制御電圧は12.5~13.5Vですので、問題無く55Wバルブが点灯する! 筈? です? が?
これで駄目だったら、CRM50/80用を使ってみようと、今の所考えてます。

今週中には手に入るでしょうから、今度の土曜日にはテスト出来そうですね。



2007年3月1日木曜日

TLR200 100Wへの道

100W/110Wバルブを購入しました。2個入り978円。1個489円ですかぁ、安ぅ~い!

2007_0225burattoclub0003.jpg

55Wのスタンダードバルブでも電力不足のようでしたが、電力の測定をしてませんでした。
この100Wバルブではどうのような結果になるのか、早速取り付けて測定してみましょう。

2007_0225burattoclub0008.jpg

画像では4.9アンペアになってますが、5.2アンペアまで上がりました。と言う事は10.6V~11.3Vの電圧が有れば、消費電力55Wのバルブが正常に点灯する筈。
ところがっ!電圧がきゅうてんはちボルトーォッ!(なんでやーっ!)
回転を上げても10.6Vが限界でした。12ボルト AC.レギュレーターなのにーっ!(さらに、なんでやーっ!)

※前回電圧が計れませんでしたが、マイナス側をシリンダーヘッドボルトに接続した為、ノイズを拾っていたようです。今回はアンダーブラケットに接続しました。

次回予告!

2007_0128burattoclub0033.jpg

原因がAC.レギュレーターなのかを調べるには、レギュレーターを変更してみるしか有りません。代わりの物と言っても持ってませんので、充電系に使ってるCRM50/80用(確か制御電圧は13.8V?)のレギュレートレクチファイヤーに交換してみようと思います。
どうなります事やら・・・



2007年2月24日土曜日

TLR200 100Wを目指してⅡ

前回の発電機改良で、何とか55W球を点灯させられそうなので、NSR250(MC18)のヘッドライトユニットを組み込みました。

2007_0128burattoclub0020.jpg

先ず、スポット溶接をしてある金属のワクを丁寧に取り外します。マイナスドライバーでコジッたら簡単に外れました。

2007_0128burattoclub0022.jpg

左側の取り付け部分が欠けてたので、木工用エポキシ粘度で補修。(木工用と言っても、中身はプラスチック用とさほど変わらない?・・・ッて言うか木工用しか無かったからなんですが・・・)

2007_0211burattoclub0002.jpg

H4バルブ用のソケットが無かったので、XLR BAJAのパーツを購入。

2007_0211burattoclub0005.jpg

ハーネスを半分程にカットし、TLR用のギボシ端子に打ち替え。

2007_0224burattoclub0002.jpg

ヘッドライトケースに入れると、上下は少し小さいんですが、左右が少し大きくかなり窮屈。色んなところが当たってます。
先ず、邪魔になるヘッドライトユニットを止めるポストをカット。さらに・・・

2007_0224burattoclub0006.jpg

ケースの左右とも0,5~1mm?位削って出来上がり。

2007_0224burattoclub0010.jpg

削った道具です。ほとんど、右側の丸いのを使用。

2007_0224burattoclub0011.jpg

さらに、ユニット側の当たる部分もカーット。

2007_0224burattoclub0012.jpg

アルミで取り付けステーを製作。
今回は臨時に作りましたが、バネっぽい鉄かTLR200純正のように可動式にした方が良いでしょうね。

2007_0224burattoclub0014.jpg

何とか押し込めましたずえ。

2007_0224burattoclub0017.jpg

メーター、ホーンは問題無く付けられましたが、ウィンカーリレーが付けられず、ゴムサスペンションを取り外してインシュロックで止めて有ります。

2007_0224burattoclub0019.jpg

完成!違和感は有りませんね。
日が暮れるのを待って、街灯の無い小関峠まで走ってみたのですが、残念ながら明るくなった感動は有りませんでした。やはり電力が足りないようです。55Wがフルに燃えている印象は有りません。ただし配光は拡がりました。ハイビームもロービームも道幅いっぱい照らし出してます。
全体をフラットに照射してて、スポットのような明るい部分が無いので、余計に暗く感じるのかも知れませんねぇ。



2007年2月10日土曜日

TLR200 100Wを目指して

最終目的は、千円以内で2個も買える、明るさ感100/110WのH4バルブです。なんとしても発電量をアップしなければ・・・

tlr200gene.jpg

TLR200の発電機です。コイルが3個書いて有りますが、左の黒線に繋がってるコイルは点火用ですので関係有りません。
真ん中の、桃色と黄色に繋がってるコイルが充電系で、ウィンカー等の電力を賄ってます。そして、一番右の白線に繋がってるのが、ヘッドライト用のコイルです。ヘッドライト用は片側がアースされ、白線一本しか出てません。これでは半波しか利用してないように思えてなりません。何故、充電系のように両側から線を出して全波を使用しないのか、以前から疑問に思ってました。
交流の波の半分しか整流しない半波整流(TLM50やCD50等原付の大半)より、全波整流(TLRの充電系)の方が効率よく電力を取り出してるように思います・・・?
交流のまま使用する場合でも、全波を使用した方が電力が増えるんじゃないか?と言うのが今回の本当のメインテーマです。

2007_0210burattoclub0001.jpg

TLR200は発電機がオイルに浸かってるタイプですので、コイルを取り出すのも大変です。
ここまでバラさなければ、外せません。TLM50とは大違い。

取り外したコイルを見ると、絶縁の為か全体を樹脂で固めて有りました。見た瞬間、馬鹿な改造を諦めたくなります。
改造し難いコイルです。

2007_0210burattoclub0006.jpg

何とかアース線を捜し出し切断、どうにかこうにかゴムのグロメットに白線を通しました。

2007_0210burattoclub0008.jpg

で、ハンダ付け。

2007_0210burattoclub0009.jpg

2液式のエポキシで絶縁と固定をしたかったのですが、買い置きが無くホットメルトで固めてみました。熱とオイルに耐えられるのか、ちょっと心配です。

2007_0210burattoclub0011.jpg

どうにか出来上がりました。テスターで計っても問題ありません。

2007_0210burattoclub0012.jpg

今回使用するAC.レギュレーターです。以前に購入したXR250用ですが、詳細な機種名は忘れました。TLM200/220用とほぼ同じ物です。(線は延長してます)

2007_0210burattoclub0018.jpg

バッテリーケースに取り付けました。プラスチックでアースが取れませんので、アース線(黒線)を追加しバッテリー接続用の緑線に接続してます。

2007_0210burattoclub0019.jpg

発電機からの線との接続位置。新たに引いた白と白、元からの白二黄チューブと白二黄、スイッチへの白二黄と黄色を接続して完成です。
では、では、電流を測ってみませう。

2007_0211burattoclub0009.jpg

\(^o^)/ ヤッター!成功どえす。マンモスうれぴー。
アイドリングから3アンペアを超え、回転を上げると4アンペアを超えたりなんかしたりしてー。
コイルを巻き直さなくてもいけそうな気がしたりなんかしてー。うふっ。
次回はヘッドライトユニットを取り付けたりなんかしたりしてみます。えへっ。

(交流の+-の入れ替わりが早くなり過ぎたのか、電圧が計れなくなりました。196ボルト余りになってますが、当然間違いです)


2010/2/20日追記
「アースを外す必要はない、白線を追加したのは無駄だ。電流が増えたのはアーシング効果だ」と言うコメントが有りましたので、以下の記事を追加しました。合わせてご覧ください。

TLM200/220用 A.C.レギュレーター

TLM200R A.C.回路のあらまし

二種類のA.C.レギュレーター