2006年8月13日日曜日

TLR200 チェーンテンショナーの修理

先週壊れてしまった、チェーンテンショナーの修理をしました。

2006_0813burattoclub0002.jpg

新品のテンショナースリッパーと生き残った部品です。
カラーが1個無くなってましたので、M5×15のスペーサーで製作しました。

2006_0813burattoclub0015.jpg

純正は26mmですので、2個をハンダ付けして26mmにカットし、アルミテープを巻いて太さを合わせました。

2006_0813burattoclub0020.jpg

サラビスもステンレス(5×40)に交換。ナットは手持ちにナイロンナットしかなく、これを使用します。

2006_0813burattoclub0007.jpg

締め付け後ネジロック剤を塗布しておきました。いやぁ~、一部でも新品になると気持ちがいいもんです。


<午後6時追記>
先週の錆びを排出し、どれ位錆びが出てくるのか少し走って調べて見ました。
今日の錆びです。

2006_0813burattoclub0003.jpg

錆びはこの位置で止まりキャブまでは上がらない様ですので(そう思いたい)このままでも良いかなと思ってます。
しかし、どうしてもキャブの分解整備はしなければなりませんね。エンジンがいつ止まるのかヒヤヒヤ物です。

嬉しい事も有りました。

2006_0813burattoclub0001.jpg

乾いてます。
何故か、何故なのか、フロントフォークのオイル漏れが止まってましたーっ!

それもこれも、私の日頃の行いが良いからなのねーっ。(ハイハイ)